これからの時代を担う薬局薬剤師に必要なものとは!?


患者の安全を守る存在

薬剤師といえば、調剤薬局の仕事がイメージしやすく、病院で診察を受けたことがある人なら、一度は訪れたことがある場所です。薬局での薬剤師の仕事は、単純に指示されたクスリを出しているだけではありません。薬を受け取りに行って、待ち時間があるのは、さまざまな手順を踏んでいるからです。処方箋に記載されている内容がいかに正しいかを薬歴に照らし合わせて、薬の種類や量が適切かを入念にチェックしています。疑問がある場合には、医師に問い合わせをするのが一般的です。調剤薬局においても、ダブルチェックをきっちりと行い薬局薬剤師は、患者の安全を確保しています。また、服薬指導では、症状を確認し、処方内容を再チェックしたり、適切な服用のアドバイスなど、コミュニケーション能力も求められますよ。

新しいコミュニティの創造

患者と医療機関や介護・福祉施設をつなぐのは、物流拠点、情報拠点としての薬局です。調剤だけでなく、広く健康や福祉に向けた働きかけができる薬局や薬剤師は、地域医療や在宅医療をこれから進化させていくのにキーマンとなる存在です。震災などで復興の重要なエンジンとなったのは、医療になります。医療の機能している場所には、人、モノ、情報が集まり、コミュニティが再生されていきます。これは、少子高齢化社会においてもいえることで、医療を基盤としたコミュニティ・リノベーションが必要なのです。つまり、一人一人の暮らしまでに踏み込んだ支援が大事です。そのため、これからは、病気や薬だけではなく、その人の背景にある暮らしを見ていく視点を持つ薬剤師が求められていますよ。

薬剤師のシニア求人はまだまだたくさんあります。薬剤師として働く場所が増えています。病院だけでなく、ドラッグストア、調剤薬局等、その技術を活かすことができます。