トラックドライバーの待遇の良い運送会社を見極めるポイントは?


新人のドライバーの研修が行われているところを探そう

一人前のトラックドライバーとして成長をするには、慎重に求人選びをして新人のドライバーに対する研修が充実している運送会社に勤務をすることが重要となります。特に、長距離のトラックドライバーとしててきぱきと業務をこなすには、継続的に上司や先輩のドライバーにサポートを受けられる職場を見つけましょう。最近では、大卒や高卒の新人のドライバーに対して、運転免許の取得に掛かる費用を支給したり、業務の開始前の研修期間を長く設定したりするところもあります。そこで、実際にトラックドライバーとして働いている人の口コミを参考にしながら、時間を掛けて運送業界で評判の良い会社の特徴を調べてみましょう。

休憩時間や休日が取りやすいか確認しよう

トラックドライバーは、職場内のドライバーの人数や顧客の要望などによって、希望通りに休憩時間や休日を取ることが難しくなることがあります。そのため、できるだけ長く同じ会社で仕事を続けるうえで、運送業界の求人がたくさん掲載されている転職サイトや情報誌を使って、ドライバーの配置や仕事量が適切かどうか、就職前に詳しく把握をすることが大切です。また、業界大手の運送会社の中には、トラックドライバーの離職率の低下に向けて、正社員のドライバーの増員をしたり、有給休暇やリフレッシュ休暇を取りやすくしたりするところも多くあります。そのため、職場探しに悩んでいるときには、会社ごとのドライバーに対するサポートについて比較することがおすすめです。

トラックドライバーの求人検索は地元の求人情報誌やインターネットで出来ます。通常採用前に面接があります。