あなたはどっち派?工場で働く2つのスタイル


技術を磨いて正社員登用を目指す

工場での仕事を一時的な経験と考えるのではなく、将来的に安定した生活を送れるようにと、正規雇用を目指す人も多いようです。工場勤務の正社員を希望する人には、「期間工は、いつまで仕事ができるのか不安」「正社員ならボーナスや福利厚生がある」「若いときは期間工でもいいが、結婚して家庭を築くには不利」といった意見が目立ちます。工場では、熟練したスキルを求められるところも多く、豊富な経験を持つ人は「貴重な人材」として重宝されることでしょう。そのため、これまでに培ってきたスキルをさらに磨いていき、いかにアピールしていくかが、正規雇用を実現するポイントともいえます。コツコツと地道に工場勤務を続けて、正社員を目指しましょう。

短期間で高収入が狙える期間工を続ける

比較的若い世代に多い働き方が、期間工です。「体力的にきついので、工場勤務を一生の仕事にできるとは思えない」「向き不向きがあると思うので、短期間でいろいろと経験してみたい」「他に実現したい夢があり、そのために必要なお金を稼ぐ一時的な仕事」といった意見が多く上がっています。期間工は、工場に勤務する期間が決まっているので、仕事とプライベートの区切りがつけやすい点がメリットです。例えば、半年間だけ集中して工場で働く、その契約期間が終了したら自分の好きなことをするといった働き方ができます。また、ある程度まとまった期間働くことで、ガッツリ稼げることも魅力でしょう。やりたいことのために、期間工で働くというのもおすすめです。

埼玉県では大手企業の生産工場が多く、埼玉の工場の求人は多くあります。食品から電気機械、化学工業まで様々な業界で求人があるようです。