秘書になりたい人必見!秘書の仕事を簡単に説明


秘書の仕事内容は幅広い

秘書とは、企業の役員や大学教授、政治家など、各界の人物をサポートする仕事です。忙しい上司を支えるため、適切な判断力や高度な事務処理能力が求められ、その業務内容は多岐にわたります。例えば、上司のスケジュール管理をはじめ、来客対応や電話・メール対応、出張の際に利用する公共交通機関や宿泊施設の予約にいたるまで、さまざまな業務があげられます。特に来客対応は、上司に対する印象を左右する恐れもあり、正しいマナーや細やかな気配りが必要です。会議に同席する機会も多く、企業の機密情報に触れたり、VIPクラスの人物と対面したりすることもあります。

また、秘書の仕事には雑務も含まれます。オフィスの環境を整えたり、お中元・お歳暮のお礼状を作成したり、慶事や弔事に関するさまざまな手配を行ったりといった仕事も、場合によっては秘書が行います。このように、上司の仕事がスムーズに進むように、陰でさまざまなサポートを行うのが秘書という仕事なのです。

どうすれば秘書になれる?

秘書職には高度なビジネスマナーが必要とされるため、新卒での採用はほとんどありません。特に、企業の役員につく秘書の場合は、まずは事務職などで入社して経験を積み、その後に秘書室に異動して業務につくパターンが多いようです。その他、秘書経験のある人を中途採用したり、派遣社員として雇ったりもします。秘書技能検定試験やCBS(国際秘書)検定などの資格を持っていると、秘書職の採用に有利になるでしょう。

テレビなどに出てくる大企業でも、働くことができます。秘書の派遣は、優れた経営者をそばで見ることができるのが魅力です。